FC2ブログ

羽生選手一問一答~もう少しだけこの子たちの力を借りてもいいかな

Category試合展望・結果
 0  0

羽生結弦選手の公式練習後の一問一答です。
各社、微妙に内容が違っているので、繋ぎあわせて編集しています。

 

――練習を終えて状態は

 「まあ、感覚は良かったです。あの~、まだつかみきれていないところもあるんですけれども、まあ徐々につかみきれたらなという風に思います」

――ジャンプをがんがんいかなかったのか

 「まあ、初日の練習だったので、ま、しっかり感覚を確かめながらという感じでした。まあ、まだスケート自体もしっくりきている感じはまだないので、それを1つ1つ確かめながら。この氷にはこういう風なタッチで行けばいいのかなとってことをあらためて考えながら、きょうの練習は滑らせていただきました」

──(韓国メディアから)SPとフリーを変えた理由は、平昌五輪の良い気分をつなげる目的か

 「平昌五輪で金メダルを取れて、もちろん意味合いとして韓国の地でまたやれるっていうこともあるけれど、それよりも自分のフィギュアスケートはこういうものだよ、っていうのを見せたい。そういう風に滑りたいと思ったから、このプログラムを選んだ」

──(同)ソチと平昌で目標は達成したと思うが、それでも高い実力を保てるモチベーションは

 「五輪が終わった後は4回転半をやりたいと思っていたけど、今季ちょっとつらいことがあったので、今は自分のフィギュアスケートをしたい。強くなりたい、勝ちたい、ではなく」

――「バラード第1番」は滑っていて気持ちがいいか

 「まあ、それは見ている方の感性に任せるとしか言いようがないんですけれども、まあ、やっぱり、きょうすごく緊張しましたけれども、でも、なんかあらためて、まあ、平昌以来、初めてバラード第1番を通すことは初めて皆さんの前でやったので、すごい緊張したとともに、あらためてこのプログラムを滑るという覚悟をさせられたという感じはしました」

――プログラム選択の理由は

 「えっと、たぶんこの話だけで、たぶんこのインタビュー終わると思うんですけど。まず、グランプリファイナル、全日本とあって、やっぱり難易度を難しくすることはすごく自分自身にとっても楽しいですし、それを達成できた時の喜びは計り知れないものではあるんですけれども、なんか、自分が目指しているスケートっていうのは、ただ難しいことをするスケートじゃないなって思ったんですよね。その、オリジンをやったりオトナルをやっていてもそうなんですけれども、自分の呼吸じゃないな、と。あの、まず技術的なことに関して言えば、やっぱり高難易度のものを入れれば入れるほど、やっぱりまだ僕にはスケートの部分がおろそかになってしまったりとか、曲から1回頭を変えて、曲を1回外して、そのジャンプにセットしにいかないといけないというのがやっぱり嫌だった。それがやっぱり耐えきれなかったっていうのが大きいです。で、また音楽に関して言えば、この曲をオリジンとオトナルっていう選択をした時はオリンピックが終わった後だったので、自分自身、すごくふわふわした気持ちでいましたし、何かジョニーウィアーさんとプルシェンコさんの背中をずっと追いかける少年のままいたような感じがしたんですよ、すごく。だから、確かに全日本のオトナルは良かったと思いますし、スケートカナダのオリジンも良かったと思うんですけど、でも、やっぱり、自分の演技として完成できないなっていう風に思ってしまいました。あまりにも理想が高いがゆえに。で、その理想がたぶん僕じゃなくて、プルシェンコさんだったり、ジョニーさんの背中がたぶん理想だったと思うんです。だから、そう考えた時にやっぱり、僕のスケートじゃないのかなということを、メダリスト・オン・アイスのSEIMEIをやった時にあらためて思いました。だからこそ、なんだろ、SEIMEIを滑った時、なんかカバー曲とオリジナル曲じゃないですけど、そのくらいの違いをなんか自分の中ですごく感じて。ホントにSEIMEIもバラード第1番も、ホントはなんか、もう伝説として語り継がれるような記録を持ってしまっている子たちなので、できれば寝させてあげたかったんですけど、でも、それでも、メダリスト・オン・アイスの時に力を借りた時に、あの時の精神状態だったからこそかもしれないですけど、ものすごく自分でいられるなって思って。それで、うん、もう少しだけ、この子たちの力を借りてもいいかなって思いました、はい」

――4回転半の完成度、世界選手権での挑戦は

 「う~ん、まあ跳べなければやっぱり入れることはできないので、まあ、跳べたらかなとは思っているんですけど。ただ、練習は結構、この1カ月間できたとは思っています。まだ跳べてないですけど、でも、なんとなく形は良くなってきたかなと思います」

 

ものすごく苦悩していたのですね・・・。
傍から見れば、スケカナでほぼ形は出来上がりつつあるのかなと思っていましたが、
「まだ20~30%ぐらい」という厳しい自己評価でしたよね。
目指している理想形はずっと高いところにあるんだなと、納得していたのですが、
結局のところ、追い求めているのは、自分の究極の演技ではなく、プル様やジョニーの背中であったと。
もっと若い頃、王者になる前ならば、彼らの背中を追い求めていてもよかったのかもしれないけれど、
それこそ、羽生選手自身がレジェンドと言われるスケーターになったのですから、
追い求めるのは、自分の究極の演技であるべきなんですよね。

Let's go crazyにしても、Hope & Legacyにしても、誰もやったことのない、羽生選手独自のプログラムになっていました。
そうやってオリジナリティを追及してきたからこそ、余計に自分のものではない、どこか借り物のような感じがしてしまったのかも。
そもそもの出発点が「子供の頃の憧れ」だったから仕方ないのですけどね。
今は、真剣勝負に身を置いているので、気持ちの上でそぐわなくなってしまったのですね。

また、自分がこだわりをもった演技をしていても、評価されない苦しみもありますよね・・・。
だからこそ、一番自分らしく演じられるプログラムで、と考えたのでしょう。
今後はきちんと正当に評価されることを願っています。
こんなに健気に頑張っているのですもの。きっと報われることがあります。大丈夫、神様はちゃんと見てるよ。
背中の五芒星もきっと守ってくれるよ(^^)

 

お、フジテレビ公式ツイが来た!(^0^)

日本男子3兄弟!3人ともかわいい~(〃▽〃)
優真くんは、シニアの舞台、思いっきりぶつかって欲しいですね!
友野くんは、4ループ練習で成功したそうですね!ぜひ本番でも期待してます!(^^)
そして、ゆづる兄さん、ガンバ!!

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日は区役所に行ったのですが、とにかく混んでいて、
待っている間、肩が凝っていたので、思わず首をぐるりんとバラ1ごっこをしていた私です(笑)


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

フィギュアスケート羽生結弦四大陸選手権

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment