FC2ブログ

最高の一瞬を求めて~BBMさん蔵出しショットと乙女な心持ち

Category試合展望・結果
 0  0

◆◇◆おっさんも乙女にしてしまう破壊力(*^^*)◆◇◆

ベースボール・マガジン社WEBサイトにて、フォトギャラリーが開設されました!

最高の一瞬を求めて。羽生結弦を追った四大陸選手権【BBMフォトギャラリー1】- ベースボール・マガジン社WEB

ベースボール・マガジン社の写真部が厳選した写真をお届けするフォトギャラリーを開設しました。カメラマンがファインダー越しに感じた「最高の一瞬」を掲載していきます。ここで紹介するのは誌面で掲載していないものばかり。記念すべき第1回目は、フィギュアスケート羽生結弦選手です!

とのことです。

ベースボールマガジンなのに、野球そっちのけで、第1回目は羽生結弦選手なのですね!(^▽^)
さすがドリームチームの監督です(笑)
まあプロ野球はまだ開幕していないですしね・・・。(それもまた寂しい)

フォトギャラリーでは、誌面に掲載していない蔵出しショットを載せているとのこと。
これはうれしいですね!

 

バラード第1番
※画像はお借りしました

これは終盤のステップに入る直前ですね。
ショートサイドに向けて両腕を広げて、顔の前に握りこぶしを持って行くあの瞬間
(私はここでよいしょ!と掛け声を掛けますw可愛くね^^)
四大陸選手権特集号p10-11の写真にこの写真と同じものが載っていますが、
確かに右手の指先がちょこっと切れてしまっていますね。
上半身全体がちゃんと写るようにレイアウトすると、お顔がページの継ぎ目に寄り過ぎてしまうのですね。
ページレイアウトのことも考えながら、写真も撮らないといけないのですね。
カメラマンさんも大変です。

 

「『1』の写真の少し前のシーン。シットスピンの際、ピアノが「タタンッ」と弾ける音に合わせて、羽生選手が羽を広げるように両腕を上げるんです。「ぶゎさっ」という音が響いてきそうです。カッコいい」(毛受)

白鳥が飛び立つ寸前でしょうか。
羽生選手のバラ1の演技は、白鳥が湖面を泳ぐように、スーッと優雅で滑らかなですよね。
その美しさに、回を重ねるごとに力強さも増してきているように思います。

 

「ルール改正でフリーの時間が短縮。『SEIMEI』のどの部分が削られるのかに注目していました。練習ですべては確認できず、ぶっつけ本番に近い形で撮影に臨んだのですが、このハイドロのシーンはレンズの選択を間違えてしまいました…。もっと近くで演技するだろうという予想が外れてしまった。ただ、結果オーライと言いますか、これはこれでいいかもしれないと。誌面で展開するときにはでタイトルや文章が載せやすいじゃないか…とポジティブシンキングで乗り切りました」(毛受)

そうか。新生SEIMEIは初お披露目だったから、どのアングルで狙えばいいのか分からなかったのですね。
フリーの公式練習は早めに切り上げてしまいましたからね・・・(^^;)
ということは、シーズン初めは、どこがベスポジなのか見極めるのが難しいのですね。
その見極めのために、トロントの公開練習はカメラマンさんにとって、貴重な機会なのですね。
来シーズンは新プログラムになりそうですが、公開練習、あるでしょうか?
その頃にはコロナが沈静化しているといいのですが・・・。

 

表彰式

「表彰式での一コマ。羽生選手は気遣いの人で、たくさんの人にその表情を見てもらえるように360度向いてくれるので、カメラマンもみんなが幸せです(たぶん)。しかもこのときはバックスケーティングしながら時間にして1秒強は、こちらに目線がきていました。心の中で絶叫しながら、気づけば18コマもシャッターを切っていました。心を奪われた私は、乙女の心持ち。いやまあ、おっさんなんですけど」(毛受)

羽生選手は、いい写真が撮れるようにポーズを作ってくれますよね。
こんな歌舞伎の見栄のように、バッチリポーズを決めてくれたら、
心の中で絶叫しながら、シャッターを切りまくりますよねっ!(≧▽≦)分かります、分かります!

心を奪われた私は、乙女の心持ち。

ふふふっ(〃▽〃)
おっさんをも乙女にしてしまう、羽生選手の破壊力。恐るべし(≧▽≦)

山口さんとタッグを組んでいるせいか、毛受さんもなかなかコメントイケてますね!(^^)
これからも山口さんとのコンビで、羽生選手の取材をお願いします!(^0^)

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

昨年の今日(5月26日)は、FaOI幕張公演の楽日に行きました。
今日とは違い、よいお天気で、夏のように暑い日でしたね。
初日がマスカレイド、2日目がクリスタルメモリーズでしたので、
どちらを演じてくれるのか、ドキドキしながら結弦くんの出番を待っていました(*^^*)
マスカレイドは、セクシーでカッコよくて、それでいて、内に秘める悲しみを表現した演技でした。
あれからもう1年も結弦くんに会っていないなんて・・・(;_;)
早く会いたい・・・けれど、今は我慢ですね。
きっとまた会えますよね!その日まで頑張ろう!


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

フィギュアスケート羽生結弦ベースボールマガジン

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment