FC2ブログ

愛すべきプログラムたち

Category氷上の魔術師(フィギュア百景)
 0  0

6月になりました。

そろそろ新シーズンのことが色々と決まり始める頃ですよね。

結弦くんは、新シーズンは新プログラムにするということなので、
どんなプログラムになるのか、気になりますよね~(*^^*)

ところで、(私も含めて)ゆづファンの方々を見ていて思うのは、
結弦くんのことを、プログラムごとに違う呼び方をしてますよね(^^)

SEIMEIとか、オペラ座の怪人などは、キャラものなので、
晴明さまとか、ファントムとか呼ぶのは、まあ普通かなと思いますが、

春よ、来いは「春ちゃん」ですし
春ちゃん

初めのうちは「天女」と呼ばれていましたが、いつの間にか「春ちゃん」で定着(笑)

ノッテ・ステラータは、スワンまたは白鳥さん(私は白鳥さんと呼んでます^^)
白鳥さん

まあこれは、原曲が「白鳥」なので、そのまんまと言えなくもないですけど。

ホプレガは妖精さん
妖精さん
森の妖精ですね(〃▽〃)

Originは、Origin様(≧▽≦)
Origin様

Originって、別にキャラものじゃないのに、Origin様ですよね

こんな風にプログラムごとに呼び名が付いているのって、結弦くんならではのような気がします。
他のファンの方のブログやSNSはあまり見ないので、よく分かりませんが(^^;)

演じているのは、すべて結弦くんなのに、
まるでそれぞれが別人格であるかのようです。

これって、きっと結弦くんがそれぞれのプログラムを愛し、
プログラムに命を吹き込んでいるからではないかな。

だから、プログラムが生き生きと立ち上がって、その世界に引き込まれますし、
感動するのではないかな・・・なんて思っています(*^^*)

結弦くんが美しいので、絵に描きたくなるという方が大勢いらっしゃいますが、
(私も過去にチャレンジしたことが・・・でも結弦くん、描くの難しい

プログラムごとのキャラクターを描く方が多いのも納得ですね(〃▽〃)

 

小トロさんのキャラマンガ、本当かわいいんですよね~(*^^*)
大好き

 

マスカレイド様とクリメモちゃんの双子キャラは、よく見かけますね(^^)
結弦くんが双子みたいなプログラムと言ったからね。
昨年は、二つのプログラムが見られて、とても幸せな時間でしたね(〃▽〃)

新シーズンは、どんな新しいキャラクターが生まれることか、楽しみですね♪

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

日付変わってしまいましたが
Rabbit rabbit white rabbit
結弦くんが怪我無く氷上練習が出来ますように。
新シーズンが無事開幕出来ますように。


ご訪問ありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

こちら↓もよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

フィギュアスケート羽生結弦

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment